おすすめ参考書紹介・物理編(参考書一覧)

おすすめ参考書紹介(物理編)

ここでは数ある参考書の中から、こんな時はこの参考書がおすすめというものを紹介していきます。

抱えている課題やおかれている状況を考えて、目的に合った参考書・問題集を見つけて、成績アップや志望校合格につなげてください。



参考書一覧

①教科書・入試基礎レベル

初学者や基礎から見直しが必要な場合はこのレベルからやりましょう。

・宇宙一分かりやすい物理(物理・物理基礎)

初めて物理を学ぶ人、物理が苦手な人、教科書レベルから見直したい人向け参考書になります。イラストが多くわかり易いです。

・入門問題精講 物理(物理・物理基礎)

入試基礎レベルの演習書です。宇宙一シリーズと併用して理解を深めましょう。難しいようなら宇宙一だけ先に終わらせて、次の為近の物理と併用でやっても構いません。

・為近の物理基礎&物理 合格へ導く発想とルール(物理・物理基礎)

このシリーズは、入試の基礎レベルから標準レベルのインプット用におすすめの参考書です。教科書レベルを固めてやりましょう。入試の基礎レベルの例題に分かりやすい解説がついています。練習問題は標準レベルの中でも少し難解な問題が含まれるため、インプットとしては例題までを使いましょう。

②入試標準レベル

国公立大学の2次試験や有名私立大の入試対策となる参考書です。このレベルは、比較的取り組み易いものから難関大の標準問題まで含むので、志望校に合わせて適切なものを選びましょう。

・良問の風 物理頻出・標準入試問題集(物理・物理基礎)

物理の定番の問題集としてかなり有名なものですが、入試標準レベルの1冊目としてかなり優秀です。「為近の物理基礎&物理 合格へ導く発想とルール」等で学んだ考え方を実際に問題演習で固めるのにもってこいです。

・基礎問題精講 物理(物理・物理基礎)

「良問の風」と同じく入試標準レベルの一冊目の参考書に向いています。使い方も同様です。少しレベルの高い演習問題もついています。「良問の風」と比べるとレイアウトはこちらが良いですが、「良問の風」の方が解説が親切です。それほど難しい問題が出題されない大学を志望している場合、「良問の風」の後に演習量を増やす目的で使うのもよいでしょう。

・国公立大標準問題集Canpass 物理(物理・物理基礎)

上位国公立大の記述問題がメインの標準レベルの問題集です。結構やりごたえのある問題が多いので、不安がある人は「良問の風」や「基礎問題精講」をやってからやりましょう。

・総合的研究 物理(物理・物理基礎)

辞書用の参考書です。問題の解法ではなく、様々な物理現象がカラーでわかりやすく説明されています。条件によりどのような運動が起こるかなど、イメージをつけるのに使えます。ただし、受験対策で必ず必要というものではありません。学校や塾で見つけたら使ってみましょう。

③入試難問レベル

旧帝大以上の大学や早稲田、慶應等の難関大志望者、上位国公立大学の医学部医学科志望者向けの参考書です。入試標準レベルを固めてからやりましょう。

・名門の森 物理(物理・物理基礎)

入試難問レベルのおすすめ問題集です。難関大で合格点が目標ならここまでやって過去問で十分です。

・標準問題精講 物理(物理・物理基礎)

難関大で高得点を目指す人向けの問題集です。ここまでやり切れれば、たいてい問題は対応できるようになります。問題数は比較的絞ってありますが、1問が重いです。

・新・物理入門(物理・物理基礎)

難問対策のインプット用の参考書です。高校レベルにとらわれずに、少し学問的な視点で解説が書かれているで、普通の東大受験者にとってはオーバーワークになりがちです。東大や京大、阪大の入試で満点近い高得点が欲しい人向けです。この本を使用する際は、本書→「新・物理入門問題演習」→「標準問題精講」のように「標準問題精講」をオプションとして使いましょう。

・新・物理入門問題演習(物理・物理基礎)

「新・物理入門」に対応した問題集です。入試の標準レベルの問題から難問まで掲載されています。実際の問題を扱う分、「新・物理入門」よりも読みやすくなっています。

 

←教科選択に戻る

<PR:難関大合格へ!最後の決め手は添削指導!>



国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



投稿日:

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2020 All Rights Reserved.