【化学】勉強法 【化学】参考書

ヤギの参考書ルート2019・化学-入試標準レベル(難関国公立大版)

更新日:

ヤギの参考書ルート2019【化学編】

ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。
今回は化学(化学+化学基礎)編です。(理系でも入試が化学基礎までの場合は化学基礎編(現在作成中)を参照してください)
※ルート作成者のヤギ ススムについてはこちらから

この参考書ルートは「1.教科書レベル」→「2.入試基礎レベル」→「3.入試標準レベル」→「4.入試難問レベル」の5段階構成です。
ゼロ(中学数学の教科書レベルが固まった段階)から東大・京大・東工大等の入試で満点を狙いに行くところまで紹介しているので、現在の自分の学力に合わせて、スタートのレベルを設定してください。


3.入試標準レベル(難関国公立大版)

【対象者】
・旧帝大や東工大などの難関国公立大志望者
・上位国公立大の志望者で化学で他の受験者に差をつけたい人

【教材】
入試標準レベル(難関国公立大版)では、インプット用の参考書が3冊、問題集が最大3冊、辞書として用いる参考書が1冊の計6~7冊になります。
ラインナップは以下のようになります。

○難関国公立大版
①理論化学の最重点 照井式解法カード
②無機化学の最重点 照井式解法カード
③有機化学の最重点 照井式解法カード
④基礎問題精講 化学
⑤国公立大標準問題集Canpass 化学
⑥標準問題精講 化学
⑦化学の新研究

【使用法】
入試標準レベル(難関国公立大版)では、「照井式解法カード」を参照しながら「基礎問題精講」の基礎問を解く→「基礎問題精講」の基礎問の解きなおし→「Canpass」→「標準問題精講」という順で進めます。
※「新研究」は分からないことがあった場合に辞書的に使いましょう。
センター過去問や模試等で安定して8割取れる人は「基礎問題精講」はカットしてかまいません。
以下に効率的なやり方の一例を示しておきます。参考にしてください。

★使用例★
Step.1
センター過去問や模試等で安定して8割取れる人はStep.3からのスタートでかまいません。
「照井式解法カード」を参照しさがら「基礎問題精講」の必修基礎問・実戦基礎問を解きます。
その際に、重要事項をノート等にまとめなおしましょう。
また、問題を解いたり、まとめを作っていくうえで、もっと知りたいことや深く掘り下げたいことについては、「総合的研究」で調べましょう。

Step.2
Step.2では、「基礎問題精講」の必修基礎問・実践基礎問の解きなおします。答えと考え方があっていれば"○"、そうでなければ"×"と記録します。
解きなおしの2周目以降は、"×"になっている問題のみ解きなおし、正解できれば"○"にして、全ての必修基礎問・実践基礎問を"○"にできればStep.3に進みます。

Step.3
Step.3では「Canpass」の問題を解いていきます。こちらは初見から何も見ずに解きましょう。
考え方も含めて完答できた問題は"○"そうでない問題は"×"と記録します。
問題を解いたら、出来不出来にかかわらず「照井式解法カード」を参照して重要事項をノート等にまとめましょう。(Step.1でまとめを作っている人は、新しい知識をまとめに追記しましょう)
また、問題を解いたり、まとめを作っていくうえで、もっと知りたいことや深く掘り下げたいことについては、「新研究」で調べましょう。
※考えてもわからない問題はすぐに解答・解説を見ても構いません。
2周目以降は、"×"の問題のみをやり、完答できれば"○"にしましょう。全問が"○"になれば次に進みます。

Step.4
Step.4では「標準問題精講」の問題を解いていきます。これも「Canpass」同様、初見から何も見ずに解きましょう。
考え方も含めて完答できた問題は"○"そうでない問題は"×"と記録します。
「Canpass」の時と同様に、問題を解いたら必ず「照井式解法カード」を参照し、新たに得た知識を重要事項のまとめに追記していきましょう。
さらに、もっと知りたいことや深く掘り下げたいことについては、「新研究」で調べましょう。
※考えてもわからない問題はすぐに解答・解説を見ても構いません。
2周目以降は、"×"の問題のみをやり、完答できれば"○"にしましょう。全問が"○"になれば終了です。

【修了の目安】

「標準問題精講」の全ての問題が解けるようになれば修了です。

【学習時期】

他教科との兼ね合いがあるので、早く終えられればそれに越したことはありませんが、11月末までには終わらせましょう。

【終了後】
志望校の二次試験過去問およびセンター過去問・実戦問題等の演習をしましょう。二次の過去問が足りなければ、「全レベル問題集④」などの問題集を追加するとよいでしょう。

★ポイント★
・「新研究」は辞書的に使います。深く掘り下げたいことや、より詳しく知りたいことを調べたり、無機や有機で同じ性質を持つ他の化合物の例を探したりするときに活用しましょう。
・Step.1では、必ず「照井式解法カード」を参照しながら問題を解いてください。「基礎問題精講」は解説がとても詳しいので、それだけで十分理解できる問題も多いと思いますが、「照井式解法カード」を参照し、理解を深めることで、多くの類題に対応できるようになります。
・重要事項をノート等にまとる狙いは、知識を自分なりに整理して記憶することにあります。ここで、きちんと知識を整理できるかが、問題演習の出来や効果につながります。
・「Canpass」や「標準問題精講」は初見では完答できない問題も多いかもしれませんが、気にしないでください。化学の場合は(特に無機や有機では)知識がないと解けない問題も多くあるので、演習を通して知識をつけていけばよいのです。
・修了後は二次試験の過去問等の演習がメインとなりますが、この時も、重要事項のまとめへの追記と深く知りたいことは「新研究」で調べることを心がけてください。これを怠ると演習の効果は半減します。

←入試標準レベルに戻る

←ルート概要に戻る




国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



1

ヤギの参考書ルート2019【理系数学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを大学受験指導のプロが解説していきます。第 ...

no image 2

ヤギの参考書ルート2019【化学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。 今回は化学(化学+化学基 ...

-【化学】勉強法, 【化学】参考書

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2020 All Rights Reserved.