【数学】勉強法 【数学】参考書

参考書ルート2018・数学ⅠAⅡBー入試基礎レベルー

更新日:

ヤギの参考書ルート2018【数学ⅠAⅡB編】

ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。第二回は数学ⅠAⅡB編です。(数学Ⅲが必要な場合は理系数学編を参照してください)
※ルート作成者のヤギ ススムについてはこちらから

この参考書ルートは「1.教科書レベル」→「2.入試基礎レベル」→「3.入試標準レベル」→「4.入試難問レベル」の4段階構成です。ゼロ(中学数学の教科書レベルが固まった段階)から東大・京大・一橋大等の入試で満点を狙いに行くところまで紹介しているので、現在の自分の学力に合わせて、スタートのレベルを設定してください。



2.入試基礎レベル

【対象者】
入試基礎レベル(黄・青チャート等の問題や模試の問題)になるとキツイ人
※数学はセンター試験のみの人はこのレベルまでを完璧にして、過去問等で演習をしましょう。

【教材】
入試基礎レベルはインプット用の参考書が最大3冊(ⅠA、ⅡB各1冊)と演習用の問題集が最大4冊(ⅠA、Ⅱ、B各1冊)の計5冊です。ラインナップは以下のようになります。

①数学ⅠA基礎問題精講
②数学ⅡB基礎問題精講
③チョイス新標準問題集数学ⅠA
④チョイス新標準問題集数学Ⅱ
⑤チョイス新標準問題集数学B

【使用法】
数学ⅠA、ⅡBの2つ分野に分けて、入試の基礎問題で不安がある分野のみをやりましょう。
Step.1「基礎問題精講」の例題(基礎問)→Step.2「基礎問題精講」の演習→Step.3「チョイス」の順で進めます。以下に効率的なやり方の一例を示しておきます。参考にしてください。

センター重視の国公立大志望者は10月末までに、日本大学、東洋大学、南山大学、近畿大学、西南学院大学などの志望者は11月末までにこのレベルまでを修了しましょう。(入試基礎レベルを全てやる場合で、7月ごろはじめられれば間に合うはずです。)一つ上の入試標準レベルまでやる人は6~7月末二つ上の入試難問レベルまでやる人は入試1年前の2月末までに修了させておきたいところです。(注:現役生の場合で考えています。)

Step.1
「基礎問題精講」の例題(基礎問)を解答・解説を見ずに解きます。答案ができたら、解答・解説を読み、考え方と答えがあっていれば、その問題は”○”、間違えた場合は”×”と記録をつけましょう。
また、2分ぐらい考えても解法が思い浮かばない場合は”×”と記録を付け、解答・解説を見て解き方を理解しましょう。
学習中の分野をやり終えたら"×"の問題の基礎問を一度解きなおしてStep.2に進みます。
※この時点で”○”が85%以上であればStep.2までで充分です。Step.3はやらなくてもOKです。(時間に余裕があればやってください)

Step.2
Step.1で"×"の問題の演習問題を解きます。納得できる答案ができたら解答を見て、確認しましょう。考え方、答えともあっていれば”×”を”○”に変えて記録します。
納得のいく答案ができなければ、演習問題の解答は見ずに、もう一度基礎問の解説を読み直して、答案を作りあげてください。
学習中の分野をやり終えたら、”×”がついている問題の解き直しをしてStep.3へ進みましょう。
※どうしても納得のいく答案がつくれない場合は、その問題が含まれる単元の「教科書レベル」をやってからもう一度答案を作りなおしてください。

Step.3
チョイスの問題を解きます。数学ⅠAとⅡはA問題とB問題の両方を、数学BはA問題だけを解いていきます。

【修了の目安】
チョイス1週目(初見)での正答率が70%あれば、その分野は修了です。1週目で70%いかない場合は、間違った問題のみをもう一度解いてみて、全体での正答率が90%以上に達すれば修了としてください。

★ポイント★
・初見で「基礎問題精講」の基礎問が解けなくても落ち込まないでください。これはインプットとして使っているので、知らない解法、考え方があるのは当然です。

・「基礎問題精講」における入試基礎レベルの解法・考え方の取得は大学入試の数学における一つの山場です。ここがきっちり固まれば、入試基礎レベルにとどまらず、入試標準レベルの攻略もスムーズに進みます。

・「基礎問題精講」をやるうえで意識してほしいのは「一対多」の視点です。これは「今やっている問題の考え方、解法で他にどのような問題を解くことができるか」という視点です。これを意識して解説を読むかどうかで、解ける問題は大幅に増えます。

・「チョイス」は3冊とも著者が異なり、数学Bは、B問題が入試の標準レベルの問題となっているため、このレベルからは除外しました。
※チョイスの数学Bはもともとの問題数も多いので、A問題だけやっても演習不足にはならないはずです。

・「チョイス」では納得のいく答案ができるまで解答・解説を見ないようにしましょう。数学の問題を解くにあたって重要なのは、どの考え方を使うかを見抜くことです。すぐに解説見ると、この能力は向上しません。
※解けない場合は、「基礎問題精講」の解説から使えそうな考え方を探して答案を作ってみましょう。

★★入試基礎レベルから始める★★
数学基礎問題精講シリーズ

Amazon:数学I・A 基礎問題精講
Amazon:数学II・B 基礎問題精講

チョイス数学新標準問題集シリーズ

Amazon:チョイス新標準問題集数学1・A
Amazon:チョイス新標準問題集数学2
Amazon:チョイス新標準問題集数学B

←ルート概要に戻る



旺文社英検ネットドリル

国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



1

ヤギの参考書ルート2019【理系数学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを大学受験指導のプロが解説していきます。第 ...

no image 2

ヤギの参考書ルート2019【化学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。 今回は化学(化学+化学基 ...

-【数学】勉強法, 【数学】参考書

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2020 All Rights Reserved.