【数学】勉強法 【数学】参考書

参考書ルート2018・数学ⅠAⅡBー入試標準レベル・パターンCー

更新日:

ヤギの参考書ルート2018【数学ⅠAⅡB編】

ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。第二回は数学ⅠAⅡB編です。(数学Ⅲが必要な場合は理系数学編を参照してください)
※ルート作成者のヤギ ススムについてはこちらから

この参考書ルートは「1.教科書レベル」→「2.入試基礎レベル」→「3.入試標準レベル」→「4.入試難問レベル」の4段階構成です。ゼロ(中学数学の教科書レベルが固まった段階)から東大・京大・一橋大等の入試で満点を狙いに行くところまで紹介しているので、現在の自分の学力に合わせて、スタートのレベルを設定してください。



3.入試標準レベル・パターンC

【対象者】
2次試験の配点(全教科合計)が全体の配点の40%を超える国公立大早慶、上智大、MARCH、関関同立、上位私立大薬学部等の志望者
※教科書レベルや入試基礎レベル(黄・青チャートや総合模試等)に不安がある単元・分野がある場合は必ず教科書レベル・入試基礎レベルの該当単元・分野をやってからこのレベルを始めましょう。
※入試標準レベルは志望校の出題傾向とレベルに合わせて3パターンに分かれます。各パターンの対象者は次のようになります。

○パターンC
入試難問レベル以上をやる予定の人、旧帝大や一橋大志望の人、上位の国公立大志望者で数学で他の受験者に差を付けたい人

【教材】
3つのパターンで共通のものが1冊、加えてパターンCでは、別に2冊追加で全体で3冊になります。ラインナップは以下のようになります。

○共通部分+パターンC
①合格る計算数学ⅠAⅡB
②国公立標準問題集Canpass数学ⅠAⅡB
③文系数学入試の核心

 

【使用法】
入試標準レベルのパターンCでは、「合格る計算」→「Canpass」→「入試の核心」という順で進めます。

「合格る計算」では、一つ一つテーマを読んでいき、より効率的な数式・図形・ベクトル等の処理方法を学んでいきましょう。問題については、必要であれば解いてください。全範囲を一通りやったら「Canpass」に進みますが、「合格る計算」は日常的に問題を解く時間をとり、計算力を上げましょう。

「Canpass」については、奇数番号の問題を1から順に解いていき、全問解いたら、偶数番の問題を2から順に解いていきましょう。
その後もう一度、同じように奇数番→偶数番で全問を解き直しをしましょう。解き直しの際には、赤本の公式サイトで入試の解答用紙見本が公開されています。これを印刷して使いましょう。※志望大学の解答用紙が公開されていない場合は横浜国立大学のものを使いましょう。オーソドックスで使いやすいと思います。2周できたら「入試の核心」に進みます。

「入試の核心」でも、同様に奇数番→偶数番で解きます。こちらは最初から解答用紙見本を使って演習しましょう。(※記録を残したい場合は演習後にノートに貼りるなどしてください。)
初見で完答できた問題は”○”と記録し、それ以外の問題は”×”と記録します。2周目以降は”×”の問題のみをやり、完答できたら”○”へ記録を変更します。

このレベルで終える人は国公立大志望者は10月末までに、私立大志望者は11月末までにこのレベルまでを修了しましょう。(7月のアタマ頃にはじめれば間に合うと思います。)
一つ上の入試難問レベルまでやる人は6~7月末(高2の3月アタマから始めれば間に合うはずです。)、までに修了させておきたいところです。(注:現役生の場合で考えています。)

【修了の目安】

「入試の核心」の全ての問題で納得のいく答案を作成できれば修了です。

★ポイント★

・最初に「合格る計算」をやる意味は計算力を上げる目的ではなく、数式や図形・ベクトル等の効率的な処理法を取得するところにあります。問題のレベルが上がるにつれて、上手く処理しないと制限時間内に完答することが難しい問題も増えてくるので、必ず身に着けておきましょう。

・「合格る計算」の2周目以降については、計算力の強化を目標とするので、すべての問題をやりましょう。1日10分ずつや土日に30分ずつなど時間を決めてやりましょう。また、この取り組みとは別に、センター試験対策に入る前に1周することをおすすめします。

入試の標準問題は「基礎問題の考え方・解法」の組み合わせで解くことができます。そこで要求されるのが、「どの考え方を使うかを見抜く力」と「考え方を組み合わせる力」です。これを高めるためには、初見で徹底的に考えることが非常に重要です。

・「Canpass」についてですが、上記のとおりですので、初見できないからと言っていきなり解説を見ないでください。解けなくても最低10分は考え、それでもだめなら、基礎問題精講やチャート式等で使えそうな考え方を探し、何とか突破口を見つける努力を30分はしてください。

・「Canpass」の2周目は論述答案の書き方、まとめ方にこだわってください。その際、実際の解答用紙を使うことで、図やグラフ、表などをどのようなレイアウト・サイズでどう描くかの練習もしましょう。

・「入試の核心」でも初見で考えること答案の書き方を意識して演習しましょう。半分ぐらいは「Canpass」と同レベルの問題になるので、「Canpass」で力をつけていれば、意外とスムーズに進むはずです。

★★入試標準レベルパターンCを始める★★
合格る計算シリーズ

Amazon:合格る計算 数学I・A・II・B

国公立標準問題集Canpassシリーズ

Amazon:国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B

文系数学入試の核心

Amazon:文系数学 入試の核心

←入試標準レベルに戻る

←ルート概要に戻る

<PR:難関大合格へ!最後の決め手は添削指導!>



国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



1

ヤギの参考書ルート2019【理系数学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを大学受験指導のプロが解説していきます。第 ...

no image 2

ヤギの参考書ルート2019【化学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。 今回は化学(化学+化学基 ...

-【数学】勉強法, 【数学】参考書

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2019 All Rights Reserved.