【数学】勉強法

数学の速習法と使えるコンテンツ-教科書レベルの演習-

更新日:

②教科書レベルの問題演習用コンテンツ

問題演習をする目的はいくつかありますが、教科書レベルの問題演習では知識の定着というところに重きが置かれます。したがって、基本的な問題をある程度量をこなすこと、一度解いただけで満足せず、時間をおいて解きなおすことが重要です。

ここで紹介するのは問題集になります。演習中心の映像授業もなくはないですが、それらは扱う問題数が少なすぎます。このレベルではある程度量をこなす必要があるのでおすすめできません。また、市販の問題集で教科書レベルの問題を扱っているものの多くは、入試基礎レベルの問題も収録されていますので、やるべき問題を選んでやることになります。

このレベルでの問題集のおすすめの使い方は、教科書レベルの知識のインプット後、まずは学習している単元の教科書レベルの問題を1周し、できなかった問題のみをもう1周すると良いでしょう。その後、入試基礎レベルのインプットが済んだ後に、教科書レベルで自信のない問題と入試基礎レベルの全問題を解いていくとよいでしょう。

 

ⅰ)これでわかる高校数学シリーズ・問題集(文英堂・シグマベスト)

「これでわかる」の問題集で数学ⅠA、ⅡB、Ⅲの三冊があります。教科書レベルの問題がメインで一部に入試基礎問題が収録されています。問題数もちょうど良いと思います。(多すぎると繰り返し解き直すことが困難になります)「入試問題にチャレンジ」の問題は入試基礎レベルとなるので、教科書レベルの演習としては、この部分以外をやりましょう。

「これでわかる」の問題集ですが、「やさしい高校数学」や「初めから始める数学」をメインに使っていた人に向いています。「これでわかる」を使っていた人には少し物足りない感じですので、次に紹介するシグマ基本問題集の方をおすすめします。

 

ⅱ)シグマ基本問題集(文英堂・シグマベスト)

シグマ基本問題集は数学ⅠA、ⅡB、Ⅲの三冊構成の問題集です。数学以外の教科もあります。扱っている問題は教科書レベルと入試基礎基礎レベルが半々といった感じです。基本事項のまとめ、例題、基本問題、応用問題という構成で、教科書レベルが基本問題、入試基礎レベルが応用問題におおよそ対応しています。例題では学習を進めるうえでポイントとなりそうな問題を詳しく解説しています。基本問題の解説は簡素ですが、応用問題の解説は詳しいです。教科書レベルの演習としては、基本問題をやると良いでしょう。

 

ⅰ)ⅱ)のどちらか合う方をやればよいのですが、この2つがどうしても合わないというのであれば下記のものがおすすめです。

 

ⅲ)My BEST よくわかる数学シリーズ・問題集(学研)

My BEST よくわかる数学シリーズの準拠問題集です。よくわかる数学シリーズは教科書レベルから入試基礎レベルのインプット用の参考書ですが、導入部分が簡素なため初学者には向きません。対して準拠の問題集はまずまず使えます。基本事項の確認、例題、基本問題、応用問題、実戦問題という構成です。教科書レベルは基本問題と応用問題ですが、応用問題の一部は入試基礎レベルのものが入ります。解説の詳しさは普通です。シグマ基本問題集は応用問題の解説に力を入れていますが、「よくわかる」の問題集は難易度に関わらず一定の解説量です。使い方は、まずは基本問題と応用問題を解き、入試基礎レベルのインプット終了後に応用問題と実戦問題を解くと良いでしょう。

 

国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



1

ヤギの参考書ルート2019【理系数学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを大学受験指導のプロが解説していきます。第 ...

no image 2

ヤギの参考書ルート2019【化学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。 今回は化学(化学+化学基 ...

-【数学】勉強法

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2020 All Rights Reserved.