【数学】参考書

短期集中ゼミ数学10日あればいい(参考書紹介)

更新日:

短期集中ゼミ数学10日あればいいの概要

短期集中ゼミ数学10日あればいい(実教出版)は入試基礎レベルの問題集です。数学ⅠA、数学ⅡB、数学Ⅲ、数学ⅠA演習、数学ⅡB演習、数学Ⅲ演習、特別編集数学ⅠAⅡB等同じシリーズが数冊ありますが、ここでは特別編集数学ⅠAⅡBと数学Ⅲについて紹介します。

このレベルの参考書としては黄色や青チャート、基礎問題精講等多くの参考書がありますが、本書はこのレベルでよく出る問題のみを収録した参考書で、全分野をざっと復習するのに向いています。試験まで時間のない人や、入試標準レベルをやる前に全単元をざっとおさらいしたい人にはお勧めです。



短期集中ゼミ数学10日あればいいの特徴

同じレベルの他の参考書・問題集と比べて、短期集中ゼミ数学10日あればいいの特徴をまとめると次のようになります。

①頻出問題・定番問題のみを収録

「10日あればいい」とうたっているだけあって、かなり問題が絞られています。このレベルの定番問題・頻出問題のみを選抜して掲載している印象です。ですので、入試基礎レベルを固めるのではなく、ある程度できる人が標準レベルに行く前に全分野をざっと復習するのに向いています。ただ、インプットとして使うと、どうしても抜けは多くなります。上のレベルの参考書に上がった時に苦労するのは覚悟しておいた方が良さそうです。

②比較的丁寧な解答・解説

掲載されている問題数は少ないですが、解答・解説はまずまずていねいです。教科書レベルができていれば理解できるでしょう。また、考え方やポイントもわかりやすくまとめられているので、抜けは覚悟の上になりますが、入試までの期間的に基礎問精講が厳しい場合の次善手となりそうです。

他のおすすめ参考書との比較検討

①短期集中ゼミ数学10日あればいいがおすすめの人

短期集中ゼミ数学10日あればいい(特別編集数学ⅠAⅡB、数学Ⅲ)は、入試基礎レベルの参考書ですが、かなり内容を絞った構成になっています。入試基礎レベルをインプットしたいが基礎問題精講をやる時間がない人に特におすすめです。他には、インプットが終わった人で、演習に時間がかけられない場合や併願先をふくめて数学はセンター試験のみの受験の場合は演習書として使いのも良いでしょう。

また、数学がある程度できる人で、入試標準レベルに入る前に、全単元を通して、基礎レベルをざっと確認したい場合にもおすすめです。

②他の参考書・問題集がおすすめの人

・教科書レベルの基礎が危うい人
→教科書レベルの参考書をやりましょう。(おすすめ参考書一覧の教科書レベルを参照してください)
・演習をやる前に入試基礎レベルのインプットをやりたい人で、数学は得意とは言えない人
・苦手単元の入試基礎レベルを再確認したい人
→旺文社の「基礎問題精講」がおすすめ
・入試基礎レベルのインプットをしたいが、数学は得意でそれほど詳しい解説は必要なく最短で終了させたい人
→東進ブックスの「松田の数学典型問題」がおすすめ
・入試基礎レベルの考え方や解法等はある程度取得できていて、問題演習で定着を図りたい人
→河合出版の「チョイス新標準問題集」がおすすめ
・入試基礎レベルの演習をしたいが、MARCHや関関同立志望で日大や近大レベルの大学の併願を考えている人
→日大レベルの受験校候補の過去問がおすすめ(3校×5年分ほどやると良いでしょう)

 

使用における注意点・効果的な使い方

【インプット・演習共通】

①単元ごとに学習する

入試基礎レベルまでは、単元ごとに完璧にしていく方が効率的です。一つの単元を集中的に進め、復習するスタイルをおすすめします。また、必要な単元のみをやることで、大幅な効率化ができます。模試でもある程度点数がとれていて、自信のある単元は入試標準レベルからでも良いでしょう。

【インプット】

②「アドバイス」と「これで解決」を理解して暗記する

入試基礎レベルのインプットにおいては、考え方やポイントをどれだけ取得できるかが重要です。本書では「アドバイス」と「これで解決」のコーナーに分かりやすく考え方やポイントがまとめられています。問題の出来・不出来に関わらず、この部分をどれだけ理解して暗記できるかが非常に重要です。復習の際にも、ただ問題を解きなおすのではなく、考え方やポイントがなんなのか、ちゃんと覚えているか確認してやりましょう。

③初見で解けなくても気にしない

インプットとして使う際は、初見での出来・不出来はというのは大した問題でありません。学習を終えた段階で、知識として得ることが、再び似たような問題に際した時にスムーズに解ければ十分です。初見でできなかったといって落ち込まないでください。

ただし、解答・解説を読んでも理解できないことが多い場合はまだ教科書レベルが理解できていないということなので、教科書レベルに戻る必要があります。

④問題演習を行う

実際の試験で点数をとるためには、まずは知識のインプットが必要になりますが、インプットだけでは足りません。インプットした知識のどれを使うかを見抜き、答案にまとめることができないといけません。この練習として、問題演習が必要になります。

【演習】

②いきなり解説を見ない

実際の試験で点数をとるためには、インプットした知識のどれを使うかを見抜き、答案にまとめることができないといけません。いきなり解答・解説見てしまうと、どの考え方を使うかを見抜く力は付きません。解けないようであれば、問題集の解説ではなく、インプットとして使った教材に戻って、使えそうな考え方を探し答案を作ってから本書の解答・解説を見ましょう。

本書では問題と解答・解説が同じページに載っているので、問題だけ簡単に書き写してすぐに閉じる、コピーをとるなど、工夫がしてやりましょう。

③間違えた問題は必ず解けるようにする

これは当たり前のことですが、間違えた問題は必ず解けるようにしておきましょう。特に、問題のどの部分からどのような考え方が使えるかや、解いていく中で、どのような式や関係性が出てきた場合にどんな知識を使うかを必ず確認しておきましょう。

 

←数学のおすすめ参考書一覧へ戻る

<PR:難関大合格へ!最後の決め手は添削指導!>



国公立大・難関私大志望者へ

他者に伝わる答案が書けないと合格できない

記述問題が中心の国公立大や難関私大は参考書をやっただけでは、入試本番で合格点をとることは、正直、厳しいです。参考書の紹介ページやルートのページでも書いていますが、答案作成の練習を徹底的にやる必要があります。どの考え方を使えばよいか割分かっていても、きちんとポイントを押さえた答案がかけなければ、高得点は望めません。

参考書等での学習がある程度進んだら、(きちんとしたレベルの)添削指導等で自身の答案を(きちんと指導ができる)他人に見てもらい、意見を貰いましょう。最終的に採点するのは、あなたではなく「他人」です。あなたの答案が、きちんと他者に伝わるかを添削指導を通して確認し、合格点の取れるレベルに仕上げていきましょう。

標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたら添削指導も同時進行で!

添削指導等の記述対策を始める目安ですが、標準レベルの参考書の1冊目の1周目を終えたタイミングで始めると良いでしょう。答案作成力の養成は、標準レベルの問題がある程度解けるようになったその上の段階にあたります。標準問題の解法が入っていない状態では、添削問題に向き合っても、白紙解答や見当違いの答案しか作れない場合が多く、結局、解法を学ぶように指導されるのがオチです。こうなると効率的ではありません。なので、少なくとも標準レベルの参考書を1冊を一通りやってからやりましょう。

高校や予備校等で(きちんとしたレベルの)添削指導があれば、それらを活用するとよいでしょう。もし、それらがない場合は、Z会の添削指導がおすすめです。Z会というと東大や京大等の難関国公立大対策の添削指導が有名ですが、一般的な国公立大や難関私立志望者向けのコースもあります。合格できる答案を作れるよう頑張ってください。



1

ヤギの参考書ルート2019【理系数学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを大学受験指導のプロが解説していきます。第 ...

no image 2

ヤギの参考書ルート2019【化学編】 ここでは参考書だけで難関大の入試で合格点をとれるようにするには、どのような参考書をどのような順番で進めて行けばよいかを解説していきます。 今回は化学(化学+化学基 ...

-【数学】参考書

Copyright© ヤギの大学受験革命 , 2019 All Rights Reserved.